読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女が結婚に躊躇する理由

婚活

アラサーにもなると、何も考えず恋愛をしてるわけにいきませんよね。

どんどん減ってくる遊びのお誘い、周囲の友達はみんな結婚して子供を産んだり、それだけを見ていると置いてけぼりになったようで気持ちが焦り始めます。
実家に帰るたびに両親はプレッシャーをかけてくるし、1ヶ月の内に知り合いの結婚式が2つ以上重なると、出費で頭を抱えます。

でもどこかで、結婚したくない願望がありませんか?


一人の時間が楽しすぎる

周囲の人によく「彼と結婚するんだよね?」と聞かれますが、困ったことに、今の恋人と結婚するイメージがまるで沸きません。
結婚するなら早いほうが、出産のことを考えると早いほうがいいに決まってます。
ですが、決め手がないというか、心のどこかで真剣に考えていないのだと思います。

20代前半の時就職して思ったことは、「大変だけどやりがいがある、楽しい」ということでした。
仕事をして認めてもらい、自分のステージを確保しました。
それなりに収入も上がっていき、貯金もそこそこ増えたと思います。

一人でやっていける私が、これを全て投げ打って結婚するの?

という疑問が沸き上がるのです。

年に一回くらいは海外旅行にも行きます。
趣味も充実しています。
何一つ文句はない生活の中で、仕事をやめないにしろ、結婚して子供を産めば今までのように自由でいられなくなることが怖いのです。
もっと言えば、変化を恐れています。


結婚をすると老ける?

もちろん、結婚そのものを否定しているわけではありません。
主婦になってもキレイな人はキレイだし、ライフスタイルによるものだと思います。

大学時代の同級生で、同じ大学で知り合ったイケメンと結婚した知り合いがいます。
彼女は彼と結婚するために大学を辞めたのです。
かけた学費がもったいないとは思いますが、当時はそうしたかったのでしょうから仕方ありません。
それからすぐに出産の知らせを受け、最初の子供は会いに行きましたが、お互い生活スタイルの違いから会うことも減っていったのです。

その彼女と去年、久しぶりに会うことになりました。

また昔のように楽しい話ができるといいな、などと考えてました。

待ち合わせ場所に行くと、知らない女性が声をかけてきました。
驚いた顔をしていると、待ち合わせしていた彼女だったのです。
昔の可愛い姿は微塵もなく消えていて、ただの太った女性がそこにいました。
身に着けている洋服も安物で、髪もパサパサ、化粧だけが濃い年齢よりも老けたアラサーのおばさん。

「太ったでしょう?」

と彼女はニコニコ笑ってくれて、その笑顔が昔のままで安心したものです。

結婚して出産するとそのハードな内容から、自分を磨いたり食生活を管理するなんて到底できないと思います。
旦那さんの収入が良ければ可能かもしれませんが、このご時勢この年代で、専業主婦ができるほど裕福な家庭は少ない方だと思います。


苦労することを覚悟して好きな人の胸に飛び込むのか。
それともいつか失うことを覚悟して今の生活を維持するのか。

答えはまだ出ません。

現代男性のメンタルの弱さがやばい

人間関係

この前、私のセフレ君と、女友達とその男友達、アラサーメンバー4人で飲みに行ってきました。

友人の男友達、仮にA君としましょう。

A君とは、その日初めて顔を合わせました。
A君は人見知りで、私と目も合わせられないようでした。
初対面で緊張しているだけで慣れれば普通になってくれるかな、と期待していましたが、それにしても度が過ぎる態度でした。
ビクビクしているというか、周囲をキョロキョロ見渡して、何かに怯えているようにも見えると言いますか。

今回はそんなA君にまつわるお話。


A君は女性がトラウマ

4人で飲みながら適当に世間話をしていましたが、どうしてもA君の居心地悪さが窺えます。
私は思い切って声を掛けてみることにしました。

「さっきからそわそわしてるけど、大丈夫?体調が悪い?」

A君は私の顔を見て、いや、あの、その…というような、よく漫画であるような態度をとられました。
さすがの私もイラっときましたが、友人の手前それもできません。

すると友人が「実はこの人、女の子が怖いの」と言い出したのです。

話を進めると、A君は昔付き合っていた彼女に裏切られ、それがトラウマで未だに女性を直視できないでいるそう。
どんな裏切られ方をしたのかと聞いたところ…。

「彼女は独立するために僕に黙って風俗で働いていた。友人経由でそれを知ってしまい、絶望した。」
「それからは女性を信用できずにいる。」

いや、確かに恋人が風俗で不特定多数の人の下の世話をしていたら、ショックでしょうね。
でもそれ、トラウマになるようなことなの?という疑問が浮かびます。
しかもそれ何年前のトラウマなんだよと突っ込みたくもなります。
私が間違っているのでしょうか。

ですが、女性を信用できないとは言え、恋人は欲しいようでした。
私の友人はそんな彼を見かねて、女の子の友達をたくさん作って慣れていけば、いつか克服できるかもしれないと考え私と会わせたとのこと。


女性の割り切りに比べ、男性は繊細

女性は一度目的を持つと、本当に強いと思います。
母は強しという言葉もありますが、母じゃなくても女性はいざという時に力を発揮します。
環境によっては、のし上がるためなら自分の性を売る人もいるでしょう。
それが良いことなのか悪いことなのかは分かりませんが、法を守っているのであれば周囲が責める権利もないはず。
責めるのであれば、ならお前がその分金作ってくれよ、と思ってしまいますが私が間違っています?(笑)

この記事を読んだ人も、意見は様々に分かれるでしょう。
女性でも世間を知らない人であれば、この記事を批判すると思います。
でもそれで良いと思います。

きっとこれからは、女性がライオンのように強くなって、男性の草食度はどんどん進行していくように思います。
私は強い男性が好きなので、それはそれで残念ですが。

アラサー女子がブサメンと不倫している話

恋愛

以前使っていた出会い系サイトで、1人だけですが女性の知り合いができました。

彼女も同じアラサーで、恋人探してサイトに登録していました。
彼女とはラインを交換し、私がサイトをやめた今でもやり取りを続けています。

今回はそんな彼女が悩んでいる、「不倫相手」の話。


不倫相手は同じアラサー男性

写真を見せてもらいましたが、及川光博ねずみ男を足して2で割った感じのアラサー男性でした。
職業は某飲食チェーン店の副店長。
年収は300万~600万。

…ううん、特にイケメンじゃない…。

私の本音はこうでしたが彼女に言う必要もないので、彼女の話を頷きながら聞くのみです。

不倫相手は職業上、午後から出勤して深夜0時に帰宅という生活サイクル。
そのため、奥さんとはすれ違いの生活が続き、セックスレスになってしまったのだそう。
ようは、彼が帰宅する時間帯には奥さんは就寝中。
奥さんも働いているため起こすわけにもいかず、ご飯も自分で作り、一人でそっと寝る、という生活だそうです。

そして自分を「未婚」と偽り、出会い系サイトに登録、彼女と知り合って関係に陥る。

関係をもった後に「実は既婚で…」と告白されたようです。

まるで詐欺ですよね。
ですがその時彼女はもう手中に落ちていて、気持ちの上で取り返しがつかなくなっていたのだそう。


彼を諦める強さも必要

アラサーは時間がありません。
もうすぐ20代が終わろうとしているのに、これから歳をとればとるほど男性を選べる範囲は狭くなっていきます。
時間を無駄にしないためにも、どんなに自分好みの人が現れても、将来的に不毛と思う相手とは切ってしまうべきです。

その不倫相手は、奥さんを裏切っているだけではなく、彼女のことも裏切っています。

何故なら私がサイトに登録していた当時、彼からメッセージが届いたことがあったからです。

その内容はこうでした。

「こんにちは。プロフィールを見て、僕の好みだったのでメールしちゃいました。(顔文字)
僕は仕事上みんなと生活サイクルが合わなくて、寂しい思いをしています。
夜中過ぎになっちゃうけど、焼肉でも食べに行きませんか?(顔文字)」

その時の私はその男性とタイミングが合わなかったのでメールはスルーしましたが、あの時返信していたらと思うとゾっとします。

時折、「彼にラインしてみたんだけど返事がない」「彼からやっと連絡があったの。これから会ってくる」「もう彼とは2週間連絡してない」などのラインが彼女から入ります。
私から言えるのは「恋活するつもりなんだったら、その彼はやめた方がいいよ」ということだけですが。

アラサー女子の社会的立場を考える

アラサーにもなると、年上の先輩方の監視の下、新人社員を指導をして行かなくてはいけなかったり、微妙につらい立場に立つことになりますよね。

新人の教育も、先輩方の監視も、仕事上とても重いことです。

上司が見ている中で新人の指導をしていると、私はまだひよっこ5年生だから偉そうにしてはいけないとか、かと言って新人に好き勝手やらせるわけにもいかない、など考えてしまいます。
常に正しいことを言わないといけないというプレッシャーもあり、神経が休まる暇がありません。

そのことを飲み会などで愚痴ると、「あなたもそうだったのよ」なんてお小言をくらう危険もあり、愚痴る相手も選ばなくてはいけませんよね。

 

物覚えが悪くてイライラする新人君

一度説明したはずなのに、一回で覚えない新人君がいます。
初対面の時はそのイケメン顔に「こんな人を指導できるなんて、毎日が楽しそう」なんて浮ついたものです。
ですが、その物覚えの悪さが原因で今ではアホ面にしか見えません。

この前もミスが頻繁だったので注意しにいったところ、新人君はニコニコ笑いながら「すみません」と頭を下げるのみ。
謝ってる暇があれば間違えるな、てかこんな時くらい神妙になれヘラヘラしてんな、なんて言えたらどんなに人生楽でしょうね。
結局は新人君のミスを私がやり直すため、残業することになりました。


上司に相談しました

新人君がまるで成長しないため、上司に相談しにいきました。
相談した内容は、「これだけの項目を教えているのに身についていない。私の教え方がいけないのでしょうか」といったところです。
上司の反応次第では、「教育係を違う人にして欲しい」と言えるところまで持っていきたかったのです。

ですが、上司からの返答はこうでした。

「まだ教え始めて半年でしょう。あなたも少しは我慢することを覚えて、新人を立派に育て上げることであなたも成長して下さい」

はぁ?とは言えませんでしたが、言いたい気持ちをぐっと堪え、納得するしかありませんでした。


アラサー女子は時間がない

同僚との付き合い、女性同士との人間関係、自分の業務をこなして、先輩方に雑務を押し付けられれば応える。
その上に新人の指導まで付きまとってくるなんて、これでは自分のプライベートの充実どころか寝る時間もなくなりそうです。
毎日分刻みのスケジュールをどう効率良く割り振るか。
そのためにはストレスを極限まで減らすことを優先しようと思いました。

ようは、気持ちの上で新人君を受け入れることにしたのです。
「この人はこういう人なんだ。物を頼むときはミスを承知で。完璧にできたら褒めてあげよう。またミスをしたら、大人として注意を繰り返そう、指導しよう」
割り切って考えることで気持ちが楽になり、少し間違えた程度であればイライラすることも減りました。

私の「この人を一人前にしよう」という気持ちが新人君に伝われば、きっと新人君も頑張ってくれる…はず。

男女で違う食事の楽しみ方

先週の話ですが、恵比寿から歩いてすぐのタイ料理屋さんに彼氏と行ってきました。

特に女性には人気のお店で、一軒家で内装もタイの雰囲気とは違うようで、彼が興味を持ったので一緒に行くことにしました。

お店は川沿いにあり、窓からの景色も周囲の街灯と雰囲気があっていました。
外装や内装はタイというよりも、お洒落なアジアンカフェといったところです。

私たちは窓際のテーブル席に案内されたので、向かい合って食事することになりました。
この時気がつきましたが、彼と向かい合って食事するのは初めて。
これまではカウンター席か、自宅で食事するときは家具の関係で斜め向かいに座っていたので、真正面から観察できるチャンスです。

この時の話も混ぜながら、男性と女性の食の違いを考察してみたいと思います。


食事の楽しみ方は性別で違う

前菜がでてきた時、私はすぐに手をつけず、その盛り付けの美しさと使われている材料、食器からあらゆる角度で眺めていました。
目で食を楽しんでいます。

ですが向かい側に座っていた彼氏は、さっさと箸に手をつけ、てきぱきと効率良く口に運んでいきます。
「うまいなこれ」
という感想が一度発せられただけで、あっという間になくなってしまいました。

彼がお皿を平らげる頃、私は半分の量しか食べ終えていませんでした。

はっきり言って、何てもったいない食べ方をするのだろうと思います。
一口が大きく、ぱくぱくと休む間もなく口に運び続け、殆ど噛まずに(そう見える)食べ終えてしまう。
思わず「本当に美味しいと思ってる?」と聞いてしまいました。
彼は質問の意図がわからないらしく不思議そうな表情をして、「うん、うまいよ」と答えます。
ほんとかよそれ(笑)と思いましたが、せっかくのディナーです。
「そっか。なら良かった。」とにっこり微笑んでフォローするのがマナーです。


食事の目的が男女で微妙に違う

男性の食事は「味覚と、空腹を満たすため」
女性の食事は「食事の時間を楽しむため」
この二つは似ているようでまったく違います。

女性はカフェでお茶の時間を楽しみますが、男性は少ないと思います。
吉牛で男性客ばかり見かけるのも、牛丼はどんぶり一つしかありませんから、単調に美味しい食事を楽しめるためでしょうね。

男性は空腹を満たしたいという本能が強いので、美味しいものを目の当たりにするとどうしても早くなってしまうのだとか。
逆に言えば、チンタラチンタラ食べている時は、美味しくないと思っているのかもしれませんね。

家で手料理を振舞う時、仕込みに何時間もかけて作ったのに5分もかからず完食されてしまった場合。
それで肩を落としてしまうことは多いと思いますが、ちょっと待って下さい。

それだけ美味しいということですから、許してあげて下さいね。

合コンの非効率性を考える

一昔前はアホみたいに「合コン、合コン」と騒がれていたものですが、その非効率性とストレスの重さに誘われても行かなくなった人は多いはず。

すでに合コンは時代遅れで、恋活や婚活をするのであれば市や町が運営している「街コン」か「趣味コン」、またはインターネットでSNSを使って相手を探した方が早いですよね。

そんな私ですが、20代前半の時は、取引先の男性から合コンに誘われたり、職場の先輩に人数合わせで誘われたりなどで週末は必ず合コンという時代もありました。
楽しい思い出もありますが、おぞましい思い出の方が多いのが事実。

今となっては合コンに行っても収穫なしと思っているため、断るようにしています。


合コンの非効率性

どんな人がくるのか分からない以上、博打でしかありませんよね。
くる男性陣がみんなイケメンだと美味しいですが、3人いたとして必ず1人は激デブか明らかにヲタクっぽいのが混ざっています。
運が悪ければ全員そうかも知れません。
私は当時参加した合コンで、肥満体型で体臭がキツイ男性に集中攻撃されたことがあります。
気を使ってしまい彼に話しかけたのが間違いでした。
その場にいた全員で連絡先を交換したため、次の日からライン攻撃が始まり、何度断ってもラインがきていたので最終的にブロックしたという苦い思い出があります。
他人の体格をバカにするのは良くないことです。
そんなことは重々承知しています。
ですが、合コンにくるくらいパートナーが欲しいのであれば、少しくらいダイエットしたり、体臭に気を使ったり、まるで努力しないのはどうかと考えます。

では逆に、イケメンが多い合コンに参加したとします。
その時だけは楽しい時を過ごせるでしょう。
もしかすると次の日から付き合いが始まるかも知れません。
ですが、イケメンを他の女性達が放っておくわけがありませんよね。
合コンに参加している分だけ彼らは女性達と知り合っています。
その戦争に勝てれば一番良いかもしれませんが、遊ばれてしまう可能性や、付き合ったけどすぐに他の女に盗られてしまったりなど、よくある展開です。
イケメン達に浪費した時間は戻ることはありませんので、やはり非効率的と考えます。

大企業の男性達が相手だった場合はどうでしょう。
正直言っておすすめできません。
彼らは表面上ニコニコしている(場合も)ありますが、心の中では女性達を見下しています。
いざ個人的にやり取りを始めると、自分の仕事のことばかりを話題にしてきたり、セックスも自分勝手なパターンが多いでしょう。
大企業との合コンも実にならないことが多いと考えます。

一つおすすめなのは、「公務員との合コン」です。
彼らは常に一般市民からの目線を気にしているため、合コンではとても気遣ってくれます。
個人でやりとりしていても、心に余裕があるせいかとても優しいです。
イケメンは少ないかもしれませんが、中の上くらいを求めているのであれば、公務員との合コンはおすすめです。
昔も今も、合コンでは人気の高い職と言えます。


やはり気を使ってしまう「合コン」

知らない相手にしかも複数人ですから、振る話題は選ばなくてはいけないし、面白くなくても笑ってあげないといけない合コンは疲れますよね。
男性に「焼き鳥が美味しいおすすめの店知ってますか?」と聞かれ、「焼き鳥はスーパーで売ってるのしか食べないので分かりません」と答えた人を知っていますが、その場は台無しになりました。
それでいて相手に興味が沸かない、他の女性に盗られてしまう、好みじゃない人からのアプローチがあったりで、本当に博打だと思います。
最低限の会話力とコミュ力がない人は合コンに向いていないと考え、無理に参加すべきではないと思います。

愛情表現と気遣いの重要性

恋愛

年下女性の友人がいます。

今年に入り彼氏ができたらしく、何かあるたびに彼のことを相談されていました。

その男性というのは口下手な性格のようで、「好き」とか「愛してる」などの言葉による愛情表現ができないタイプ。
友人の女性は逆で、言葉や態度で愛情表現してもらわないと満足できないタイプでした。

彼氏と何かあるたびに私にラインが入り、愚痴を聞いてやり、毎回アドバイスをしてきました。
ですがその努力も虚しく、つい先日とうとう別れたとの連絡が入りました。

あんなに好きあってた二人が、何故別れに至ってしまったのか。
大人の恋愛、子供の恋愛、愛情表現、満足するしないの考察。


彼女の不満

彼女側は、とても彼に不満を持っていました。
付き合った当初はイチャイチャもしてくれた、ラインの内容も「○子が好きだ」などの言葉による愛情表現があった。
なのに半年経った今は、会ってもイチャイチャしてくれない、ラインもそっけなく、返信も遅い。
もう私のこと好きじゃないのかな、という相談を受けていました。

私がすぐに思ったのは、彼が先に落ち着いてしまったということです。
付き合い始めは誰しもが、高校生の時するような「子供の恋愛」をすると思います。
新しい恋人は新鮮で、連絡がくるたびにドキドキしたり、初めてセックスをする時は緊張してしまったり。
ですがある一定の期間を過ぎると、相手がいることが当たり前になってきます。
「大人の恋愛」の始まりは、お互いが疲れないような距離感と、お互いに対する気遣いや思いやりが鍵になりますよね。
それができない人は、性格や価値観が合わないと思うので別れた方が無難でしょう。


どうして彼が先に落ち着いてしまったのか

倦怠期というものは、大抵二人同時にやってくるもの。
ですが友人の場合、彼が先に大人の恋愛へ移行してしまいました。

そういえばセックスの相談を受けたことがあります。
私には信じられない話でしたが、女性が愛撫を受けてオーガスムに達すると、あとはフェラチオで達してもらい、それで終了。
更には信じられないことに、夜寝ているといきなり起こされ、フェラチオを強要され、終わったら帰って行ったというエピソードがあります。
世の中にはこんなタイプがいるんですね。
お楽しみの「挿入」がないどころか、自分だけが満足して帰って行くなんて私には到底我慢できません。
フェラだって基本面倒臭いし、お楽しみがあるから頑張れるというのに。

友人の女性も、私と同じ考えでした。
愛しい彼と一つになりたいという願望は、女性であれば誰しもがあるはず。
セックスに対する不満は、大なり小なり根が深いもの。

彼女の不満は、こんなところでも溜まっていったのです。


いろんなタイプの「愛情表現」

日常における不満、セックスに対する不満は、どんどん彼女の心から潤いを奪っていきました。
愛する彼がいるのに、何故満たされないのか、何故こんなに寂しいのかと毎日のように泣いていました。

恋愛とは楽しいものです。
お付き合いしていて、毎日がワクワクしたりドキドキしたり、お互いを癒し癒されするものなのに、恋人がいるのに不幸な気持ちになるのはおかしいですよね。

相手に気持ちを伝えるのは、言葉だけではありません。
その愛情とは自然と態度にも表れるものだし、言葉が苦手であればセックスで、セックスが苦手であれば何かしらの手段が必要です。
自分ばかり気持ちよくしてもらって、相手のことを何も考えてないのでは、それは恋人関係とは言えません。
単なる主従関係です。

中には彼のように、主従関係を強要していると気づかないマイペースな人間もいる、という教訓にはなったでしょう。
今回は別れてしまいましたが、友人には、このことを経験値にして今後は幸せになってもらいたいです。