読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子力の定義と婚活

恋愛

最近、仕事終わりにホットヨガに通い始めました。

恵比寿東口の、全国展開しているヨガスタジオです。
キャンペーン中で、月額2,870円。
しかも使い放題。
最近のヨガはこんな金額で、毎日通えるんですね。

週2~3回のペースで通っていると、自然と顔見知りも増えます。
男性もたまに見かけますが、1レッスンで1~2人。
教室内のほとんどが、30代~40代の女性で埋まっています。

彼女達と会話をしていると、「どうしてヨガに通い始めたのか?」という話題になります。
よく聞く回答は「女子力を上げるため」でした。
(30歳オーバーは女子に含まれるのだろうかという疑問は沸きますが)
私は運動不足を解消するために通っていますが、彼女達に言わせると私の理由も女子力アップの一つなんだそうです。

更に話を聞いていると、他にも習い事に通っているとのこと。
習い事の種類は多種多様で、殆どが「女子力アップ」や「婚活のための自分磨き」なんだそう。

一時流行ってた「女子力」って何だろう。
自分磨きとか、視野を広げるとか、世界を広げるって何?


女子力アップすると男性にモテるの?

自分磨きの理由はこの二つに絞られると思います。

・自己満足
・男目線を気にして

自分の世界を広げるためにお金をかけても、男性にモテるとは限りません。
強いて言うなら、他人に繋がらない世界を広げても意味がありません。
男性にモテたいから習い事を始めたいのであれば、「こうなりたい」という目標を明確に持って教室を選んだ方がよさそうです。


男性にモテる習い事ってどんなだろう

見た目の女子力を上げたいのであれば、運動系でしょうね。
ボクササイズやホットヨガ体幹を鍛える効果があるらしいバレエも一時人気でした。
ヨガに通っているのでわかりますが、肩凝りが改善されたり、姿勢が良くなったり、骨盤の歪みもなくなりました。
ですが、たった2時間ポージングをしているだけですから、ダイエットには向いていないと思います。
ダイエットで効果を得たいのであれば、ボクササイズや、スポーツジムの方が早いと思います。
その他、ダンス系もありますね。
ベリーダンス、フラダンス、フラメンコは消費カロリーが激しくて、終わる頃には汗だく。
以前、スポーツジムに入っていた教室でフラダンスを習ったことがありますが、思った以上の運動量に途中で逃げたしたくなりましたよ。


仕草が女性らしくなる、マナーが身につく、言葉遣いが丁寧になるという意味では、「着付け」「茶道」「華道」が挙げられます。

ですが、カルチャースクールなどのお気軽な教室では、これらのことは身につきません。
例えばフラワーアレンジメントと華道は一緒にされていますが、机に向かって花を活けるのと、畳の上に正座をして活けるのとではまるで別物です。
私の職場に、20年間華道を習っているというアラフィフ女性がいます。
彼女は姿勢も良く、言葉遣いも丁寧で、周囲に気配りができ、「女子力の高いアラフィフ」と呼べると思います。
女性らしい仕草や姿勢は、カルチャースクールではなく、「華道」の教室に入った方が良さそうです。
ですが古風な教室である以上、先生とのお付き合いで高価な花器を買わされることはあるようです。
決して強制ではないようですが、そこで買わないと空気読めてない雰囲気が充満するのだとか。
歴史のある習い事ならではの習慣とは言え、その点は面倒臭そうです。

 

それって勘違い女子力?

女子力アップの習い事で真っ先に思い浮かぶ「料理教室」。
コース別に分かれているようで、料理がまったくできない人は基礎コースを選ぶなど、選択肢はあるようです。
ですが、例えば基礎を習うとします。
たまねぎの串切りくらい、ネット検索で分かりますよね。
お米のとぎ方くらいお母さんに教えてもらえますよね。
カレーの作り方は箱の裏に書いてありますよね。

では、レストランのような食事を毎日作りたいという目的で通うとします。
教室で教える手の込んだメニューは、使われている材料にこだわりがありますよね。
レストランに使われているような新野菜が近所のスーパーに売っています?
バターナッツやオレンジチェリーが198円で買えると思いますか?

お料理上手は、確かに男性の心を掴みます。
ですが、料理教室に通うのはお門違いのようです。
美味しい料理を作れるようになるには、お家に帰ってから、自分で努力した方が良さそうですよ。


あと、習い事ではありませんが「自分の世界を広げるために絵画をみてきた」、「世界を広げたくて一人でヨーロッパに行ってきた」などです。
どんな世界が広がるのか聞いてみたいです。
自分に自信がついたのでしょうか?
話題の引き出しが増えたというのであれば納得できますが。
あくまでも旅行や芸術は娯楽の一つであり、勉強して上がる女子力は何もないと思いますね。

私の友人に怒りやすい性格の女性がいます。
息抜きという意味で「たまには違う世界もみてみたら?」と提案してみたところ、「世界を広げるために一人で美術館に行ってる」とのこと。
お前面倒くせーよとは思いましたが、それで世界が広がってるなら何も言うことはありません。